チベット体操をする前の基礎知識

| 未分類 |

生命エネルギー(気、プラーナ)の流れをスムーズに力強く循環させることで、体全体のバランスを整え、健康や美容効果が期待されるチベット体操は、雑誌やテレビの情報番組などで話題になっています。ヨガや気功などと同様、古くから東洋に伝わる伝統的な体操で、ポーズや呼吸法で構成されているのが特徴です。ポーズや5つとシンプルで、ヨガに比べると一回5分程度の短い時間で実践できる気軽な体操ですが、いつくか注意点やポイントがあります。
一つ目は、できるだけ朝、食事をとる前に行うこと。朝の新鮮な空気と柔らかい光のなかで行うと体の感受性が高まり、自然と体操の効果が上がります。朝難しい場合は他の時間帯でもOKですが、食後数時間は空けたほうが無難で、アクセサリーなどは外して行うことが大切です。常夏
2つ目は、毎日少しずつ実践していくということ。5つのポーズを繰り返す回数を、週単位で3回、5回、7回といった具合に徐々に増やしていきます。ヨガなどの経験がある人は、最初からたくさんやってしまう傾向がありますが、逆効果になることもありますので注意が必要です。
3つ目は、呼吸を意識するという点です。ポーズを覚える最初の頃は、呼吸への意識が散漫になりがちですが、慣れてきたら吐くタイミング、吸うタイミング、深さ、長さにも気持ちを向けるようにしましょう。