第二の儀式

| 未分類 |

チベット体操第一の儀式から眠っているチャクラを開放し、第二の儀式に入っていくことになります。第二の儀式は足上げ腹筋のような動きが特徴となっており、膝はできるだけしっかり伸ばすということや、脚が直角になるように上げるということが大切なポイントです。息を吸いながら首→脚の順に上げ、息を吐きながら脚→首の順に下ろすという動きを繰り返すことになるのですが、首と脚の上げ下げを心の中で唱えながら行うようにするのがオススメです。呼吸のタイミングを外してしまうと、チベット体操の意味が無くなってしまうので注意しましょう。息を吐きながら脚を上げた方がやりやすいと感じるかもしれませんが、敢えて息を吸いながら脚を上げるのは腹部に圧力をかけるためなのです。山01第二の儀式を行うことで内蔵や神経に刺激を与えることができ、そこからパワーを巡回させることになります。お腹のチャクラと密接な関係にある儀式であり、第二のチャクラと第三のチャクラを開放することが目的となっているのですが、第二のチャクラがあるところにはさまざまな神経が集まっています。この儀式は第一の儀式と違って腹筋がないと少し大変かもしれませんが、無理なくできるペースで行っていくと良いでしょう。