第四の儀式

| 未分類 |

チベット体操第三の儀式は、胴体を活性化させるイメージのポーズだったのですが、第四の儀式ではより身体を反らせて全身を活性化させることになります。チベット体操第三の儀式の形でそのまま横になるようなイメージであり、ヨガのテーブルドッグと呼ばれているポーズにも似ています。このチベット体操第四の儀式のポイントは、お尻を落とさずに綺麗なテーブル型を作るイメージで行うということであり、頭部には第六のチャクラと第七のチャクラがあるのですが、第三の儀式で活性化させた胴体のエネルギーを頭部との間で行き来させることが目的です。}PgžxQつまり、第三の儀式で活性化させた第四のチャクラと第五のチャクラを第六のチャクラ、第七のチャクラと行き来させるようなイメージになっているということです。足を肩幅に開いて息を吸いながらテーブルの形を作り、息を止めたまま元に戻すという動作と首を倒して息を吐くという動作を繰り返すことになります。慣れない内は難しいポーズだと感じるかもしれませんが、あまり無理することなくできる範囲でじっくり行っていくことが大切です。また、何度も行っていくことで筋力が付いてくるため、少しずつ取り組んでいくと良いでしょう。